2017_1125|国重要文化財「旧堀田邸」と「さくら庭園」

国重要文化財「旧堀田邸」と「さくら庭園」

国重要文化財「旧堀田邸」と「さくら庭園」

千葉県佐倉市にある旧堀田邸・さくら庭園に行ってきました。
旧堀田邸は、佐倉藩の最後の藩主であった堀田正倫(ほった まさとも)が、明治維新後1890年(明治23年)に建造した邸宅で歴史的建造物です。玄関棟、居間棟、書斎棟、座敷棟、湯殿棟、門番所、土蔵の7棟が国の重要文化財に指定されています。

夕方の閉館間際に行ったのにかかわらず、管理の方が楽しくガイドしてくれました。駆け足だったのがちょっと残念!もっとじっくりと観覧、写真撮影も丁寧に出来たらよかったのですが、私が集合場所を間違えたせいでございます。

伝統的な書院造の和風建築ですが、ボルト・ナット等の西洋建築技術を取り入れ耐震性を高めた造りや、更紗や七宝焼きなど当時のままの装飾・調度品の数々は、先進的で西洋好きな当主が窺い知れます。釘隠しは「桐」「橘」「楓」と部屋によって異なり、各所趣向を凝らしていて華美ではないけど元お殿様の邸宅という品格があります。
損傷したらもう資材がないので復元ができないシロモノがたくさん。ゆがみがあるガラス戸から見るお庭の景観はなんとも情趣があります。一室の隠し扉の中には階段があり、やや!忍者か?!と思ったら、お女中さんのお部屋との説明でした。東宮殿下(後の大正天皇)が来訪時の帽子掛けのアイアンフックなど、デザイン的にもオシャレ。
様々な施設として使用された歴史的な名残りがそこかしこに見られ、ちょっとタイムトリップです。

当時約3万坪ほどの庭園は、現在では3分の1に縮小されましたが、松・サルスベリが植栽されている広々した起伏のあるお庭です。「さくら庭園」として常時開放されて自由に見学・散策できます。

「坂の上の雲」「侍戦隊シンケンジャー」「JIN-仁-」「TRICK」「小川の辺」「家政夫のミタゾノ」など、邸内外がドラマや映画の撮影に使われています。案内説明してくれたロマンスグレーの管理の方は、なぜかシンケンレッドの松坂桃李さん推しでした。「JIN-仁-」の【仁友堂】は「佐倉順天堂」がモデルになっているのでゆかりの地ですね。

年に4回行われる特別公開では、通常非公開としているところも公開するそうです。古民家好きの方は、旧堀田邸・旧河原家住宅(武家屋敷)・佐倉順天堂記念館とお得な三館共通入館券もあるので、佐倉市の歴史をぜひ散策してみてください。

佐倉市公式サイト

ナッキー